はやくサナギになって~!
急に寒くなって雨が降り続いたのにもかかわらず、
多少動きが鈍くなっただけで、食欲は衰えないキアゲハの幼虫たち。
飼育箱に入れずに、寒くても雨でも
ベランダにおいておくことにしたのはいいけれど、
もっちりと太った5齢ちゃんたちは、その数、なんと12匹。

もうエサがないよ~。
まだまだ小さい子がたくさんいるんだから、
ひなたぼっこなんてしてないで、早くサナギになっておくれ (泣)。

それにしても、9月になってからも、どんどん卵を産んじゃうなんて、
キアゲハって、無責任。
……というか、キアゲハにはカレンダーなんてなくて、
とりあえず、「孵化 → 幼虫 → サナギ → 羽化 → 交尾 → 産卵」 というサイクルを
可能な回数だけやってみて、
中途半端なところでエサがなくなったり寒くなったりしたら、
その時点で今年はおしまい……という、そういうスケジュールなんだな。
そんなゆる~いスケジュールでたくさんの卵や幼虫が死んでしまっても、
それは 「織り込み済み」 ということで、そのぶん多く産んでるってわけね。
厳しい。

子どもの頃から 「自然もの」 「理科もの」 のテレビや本でさんざん学んだけれど、
自分の目で見ると、改めて自然の厳しさが実感できて、
ちょっと落ち込んでいたりすると、
いろいろ哲学っぽいことまで考えてしまうぞ。
人生とは……なんてね (笑)。

でも、それでもやっぱり観察って楽しいな。 理科っていいな。
「○年のかがく」を愛読していた小学生の頃と
気持ちは今でも少しも変わっていない。
おそらく、死ぬまでこうなんだろうな。

それはさておき、キアゲちゃん、急いでね!
[PR]
by mrs_snape | 2004-10-06 09:44 | 鳥・虫・動物・植物
<< あれは確かにハーディー・クルー... 「プラ」 に驚く…… >>