あれは確かにハーディー・クルーガーだった……
夏休みに家族4人で2回目のスイス旅行をしたときのこと。

ツェルマットのホテルで昼間からぼけっとテレビのチャンネルをいじっていたら、古めかしい映画をやっていました。

 画 面 : 白黒
 言 語 : ドイツ語
 舞 台 : おそらくドイツ
 年 代 : 第二次世界大戦中
 場 面 : 男がふたり、谷にかかる木の橋の橋脚に切れ目を入れている。
        どうやらそこを通る予定のドイツ軍の軍人たちを谷に突き落とすためらしい。
        まもなくドイツ軍人たちが通るというその直前、
        男Aの恋人と思われる若い女性が橋の向こうから手を振る。
        あわてた男Aが彼女を止めようと橋の反対側から「来るな」と言っていると、
        そこへドイツ軍人たちの車列が……。
        何があったのかと降りてくるドイツ兵たちは、
        橋の下で細工をしている男Bに気づく。 
        銃撃戦の末、男Bは撃ち殺されてしまうが、
        男Aは危険を知らせてくれたと褒められてしまう。

……ここで、でかけることになってしまって、続きは分からないのですが、
男Aを演っていたのは、確かに若きハーディー・クルーガーでした。
『シベールの日曜日 (1962)』 と同時期かそれ以前だと思うのですが、
日本公開されている作品ではなさそうですし、
IMDb にもそれらしい作品はありませんでした。

まあ、どうでも良いことではあるのですが、ふと気になりだしたら、ホントに気になります。
ツェルマットにいる間に気になったのだったら、
ホテルの主人にでも聞けばよかったんですが……・。

でも、あれ、確かに Hardy Kruger でした。
こんなブログを見てくれる方はほとんどいないでしょうけれど、
もしどなたかこの映画について分かる方がいらっしゃったら、
ぜひ教えて下さい。
何年でも待っていますので……。
[PR]
by mrs_snape | 2004-10-13 00:29 | 映画・テレビ
<< 全国レベルより高いからいいの?... はやくサナギになって~! >>