実家の台所と八王子にあるアイルランド人の拠点
今朝、夢にガブリエル・バーン氏が出てきました。
我が家では彼を「ガブ」と呼んでいるので、以下そう書きます。

ガブは、見知らぬ数人の仲間たちと政治的な行動を起こそうとしているとかで、
何やらしかめ面でミーティングをしていました。
しかし、彼らのいる場所は、私の実家の台所でした!
話をチラチラ聞いていると、
八王子にアイルランド人の政治結社の拠点があるらしく(?)、
東京都の地図を出してあちこちを指差したりしていました。

ところが、そんな緊迫した話をしているというのに、
ふと独りになったガブをつかまえて、私は告白してしまったのです。
何と言ったのかはヒミツですが (英語で言ったのよん)、
ガブは優しく抱きしめてくれました。

起きてからしばらくして、こんな夢を見たことを思い出しましたが、
ガブが渋くてカッコ良かったことよりも、
どうして実家の台所で八王子の話なんだろう…ということが気になって、
今ひとつ、嬉しさに浸れないのがくやしいです。

7~8年前に見た前回の夢では、ガブに告白されたので、
今回は私が告白しました。
次回は……さてさて、どうしようかな。
でも、この分だと、2015年くらいかなぁ……。
[PR]
by mrs_snape | 2007-02-06 13:38 | 映画・テレビ
<< 「幸福の黄色いハンカチ」 がハ... ベランダの来訪者たち >>