森永のアイス、50円の青いカップが食べたかった…
ふと思い出したのですが、その昔、
森永のカップ入りアイスクリーム(厳密な意味でアイスクリームだったかは不明)は、
一番小さい黄色いカップが10円、
ひとまわり大きい赤いカップは20円、
一番大きいカップが50円でした。

小学1年生くらいだった私は、20円の赤いカップ、
幼児だった弟は、10円の黄色いカップを買ってもらっていました。
本当は青い大きなカップのが食べたかったのですが、
母は「お腹をこわすといけないから」と言って、
ずいぶん後になるまで食べさせてくれませんでした。
さんざんおねだりをして大きいシャーベットを買ってもらい、
みごとにお腹をこわした前科者だったからです。

今でもアイスを見ると、ふと脳裏をよぎる、
森永の黄色と赤と青の紙カップ。

誰か覚えている人、いるでしょうかね~。

そうそう、森永のアイスといえば、もう少し後に出た商品だと思いますが、
赤と青の三角がデザインされたような、
比較的大きめなカップに入ったアイスがありましたっけ。
あの味、大好きだったんですが、いつの間にかなくなってしまいまいました。

でも、あの味、実はパンナコッタの味だったんですね。
ずいぶん大人になってから、知ったんですが。
だから、ちょっと高いジェラートや、洋食屋の気取ったデザートで
パンナコッタを食べるたび、
「そこらで売ってた森永アイスの味なのにな~」
なんて思っちゃうんです。
そういうの、私だけでしょうかね?
実は、私くらいの世代の方々で、同じように思っている方がいるのでは…
なんて思うのですが。


深夜なのに、どうでもいい話題ですみません。 m(_ _)m
[PR]
by mrs_snape | 2007-03-27 01:04 | その他もろもろ
<< マイクロソフト社とは関係ありません。 今さらながら、自然は厳しい >>