<   2004年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
全国レベルより高いからいいの? ----  英語教師の英語力
横浜市教育委員会の情報紙「教育よこはま (No.37)」に載っていた統計から -----

  英語教育の状況

  (1)英語の外部試験による英語教員の英語力

  横浜市 --- 英語教員数 520 人
     受験経験あり   53%
     受験経験なし   47%

  ・ 英検 準1級以上     17%
  ・ TOEFL 550点以上   7%
  ・ TOEIC 730点以上   13%



これ、けっこうショックでした。

まず、英語の先生をやっているのに、
英語の試験を受けて実力を試してみたことがない人が半分ちかくいること。
少なくとも「英語」を仕事にしているのだし、
生徒の中にも受ける子は多いのだから、自分でも試しに受けてみようと思わないのかしら。
「本当の実力」がテストで分かるとは思えないけれど、
それなりに力試しになるはずだけれど。
------ それとも、受けるのが怖いのかな。
あるいは、受けたけれど「受けた」と言えないほど恥ずかしい成績だったのかな。

さらに、果敢にも(?)受験した人の中で、
例えば英検でいえば、準1級以上の先生が5人に1人もいないこと。
つまり、80%以上の先生が「受けてみたけれど、2級止まり」だったということ。
英検2級といえば、一応、高校卒業レベルですよ。
大学の英文科や英語科を卒業していなくても、
そこそこ英語が必要な生活をしていれば、いつの間にか到達するレベルだと思いますが。

もちろん、英語力と英語「指導」力は違うけれど、
いくら指導が上手くても、いくら人柄がちゃんとしていても、
生徒としては、ちょっと不幸かもしれない。
そういう先生にはあまり習いたくないなぁ。

最後に、「教育よこはま」では、この統計について、こんな分析をしています。

  「横浜市の英語教員の英語力は、一般的な外部試験を基準にすると、全国平均より高めであることが分かります。」

下には下がいるから、まぁ、いいんじゃん……というコトですか。
[PR]
by mrs_snape | 2004-10-22 15:00
あれは確かにハーディー・クルーガーだった……
夏休みに家族4人で2回目のスイス旅行をしたときのこと。

ツェルマットのホテルで昼間からぼけっとテレビのチャンネルをいじっていたら、古めかしい映画をやっていました。

 画 面 : 白黒
 言 語 : ドイツ語
 舞 台 : おそらくドイツ
 年 代 : 第二次世界大戦中
 場 面 : 男がふたり、谷にかかる木の橋の橋脚に切れ目を入れている。
        どうやらそこを通る予定のドイツ軍の軍人たちを谷に突き落とすためらしい。
        まもなくドイツ軍人たちが通るというその直前、
        男Aの恋人と思われる若い女性が橋の向こうから手を振る。
        あわてた男Aが彼女を止めようと橋の反対側から「来るな」と言っていると、
        そこへドイツ軍人たちの車列が……。
        何があったのかと降りてくるドイツ兵たちは、
        橋の下で細工をしている男Bに気づく。 
        銃撃戦の末、男Bは撃ち殺されてしまうが、
        男Aは危険を知らせてくれたと褒められてしまう。

……ここで、でかけることになってしまって、続きは分からないのですが、
男Aを演っていたのは、確かに若きハーディー・クルーガーでした。
『シベールの日曜日 (1962)』 と同時期かそれ以前だと思うのですが、
日本公開されている作品ではなさそうですし、
IMDb にもそれらしい作品はありませんでした。

まあ、どうでも良いことではあるのですが、ふと気になりだしたら、ホントに気になります。
ツェルマットにいる間に気になったのだったら、
ホテルの主人にでも聞けばよかったんですが……・。

でも、あれ、確かに Hardy Kruger でした。
こんなブログを見てくれる方はほとんどいないでしょうけれど、
もしどなたかこの映画について分かる方がいらっしゃったら、
ぜひ教えて下さい。
何年でも待っていますので……。
[PR]
by mrs_snape | 2004-10-13 00:29 | 映画・テレビ
はやくサナギになって~!
急に寒くなって雨が降り続いたのにもかかわらず、
多少動きが鈍くなっただけで、食欲は衰えないキアゲハの幼虫たち。
飼育箱に入れずに、寒くても雨でも
ベランダにおいておくことにしたのはいいけれど、
もっちりと太った5齢ちゃんたちは、その数、なんと12匹。

もうエサがないよ~。
まだまだ小さい子がたくさんいるんだから、
ひなたぼっこなんてしてないで、早くサナギになっておくれ (泣)。

それにしても、9月になってからも、どんどん卵を産んじゃうなんて、
キアゲハって、無責任。
……というか、キアゲハにはカレンダーなんてなくて、
とりあえず、「孵化 → 幼虫 → サナギ → 羽化 → 交尾 → 産卵」 というサイクルを
可能な回数だけやってみて、
中途半端なところでエサがなくなったり寒くなったりしたら、
その時点で今年はおしまい……という、そういうスケジュールなんだな。
そんなゆる~いスケジュールでたくさんの卵や幼虫が死んでしまっても、
それは 「織り込み済み」 ということで、そのぶん多く産んでるってわけね。
厳しい。

子どもの頃から 「自然もの」 「理科もの」 のテレビや本でさんざん学んだけれど、
自分の目で見ると、改めて自然の厳しさが実感できて、
ちょっと落ち込んでいたりすると、
いろいろ哲学っぽいことまで考えてしまうぞ。
人生とは……なんてね (笑)。

でも、それでもやっぱり観察って楽しいな。 理科っていいな。
「○年のかがく」を愛読していた小学生の頃と
気持ちは今でも少しも変わっていない。
おそらく、死ぬまでこうなんだろうな。

それはさておき、キアゲちゃん、急いでね!
[PR]
by mrs_snape | 2004-10-06 09:44 | 鳥・虫・動物・植物
「プラ」 に驚く……
遅ればせながら、今日から横浜市全域で、
プラスティック・ゴミの分別収集が始まります。
それで、昨日から、「プラ」と表示してあるモノを別の袋に分けてみました。
そうしたら……ナント、1日でスーパーの大き目のレジ袋の半分くらいの量があったんです!

我が家では以前からゴミの分別には協力していて、
ペットボトル、缶、アルミ缶、電池は分けてましたし、
新聞紙は自治会の資源回収に、食品トレーは近所のスーパーに、
牛乳パックは生協に……と、わりときちんとリサイクルに協力していました。

でも、改めて、「プラ」の量を目で確認してみると、こりゃ、すごいぞ。
こういうものを今まで全部燃やしてたわけね。
よし、せっせと協力するか。
ちょっと面倒くさくなるけれど、今まで横浜市民は楽をしすぎてたんだから、
まあ、これでやっと世間一般並みだものね。

でも、我が家はともかく、
これまでどっぷりと「なんでもまとめてポイ捨て」に慣れていた横浜市民が
どれだけ協力できるのか、ちょっと心配だけれども……。
[PR]
by mrs_snape | 2004-10-01 08:30 | その他もろもろ