<   2005年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
MT車教習中 --- 自動車学校の経営に貢献中?
だんだん分かってきたのですが、
教習所に来ている女性の9割以上がAT車を習っていて、
たまにMT車の女性がいても、みんなうら若い女性ばかりで、
「きっとボーイフレンドがマニュアル車をブイブイ運転してるんだろうなぁ」
という感じの茶髪ネエちゃんだったりします。 ←偏見?

仮免許試験のときも、まわりはみ~んな若いおニイさんばかりで、
「あ~、結婚してすぐ子どもが生まれていたら、
このくらいの息子がいたのかも……」なんて、
いっきにお母さんモードに入ってしまったり……(笑)。

私は今さらマニュアル車に挑戦するオバサンとして、
案外貴重な存在なのではないかと思い始めました。

さて、今日は第2段階の実技(路上教習)を2時限受けてきました。

I 指導員
  普段はAT車の担当のようで、私は初めて担当していただきました。
  ギアチェンジが下手な私のために、わざわざ路肩にクルマを止めて
  シフトアップとダウンを特別練習させてくれました。
  その I 指導員、教習後、原簿に名にやら書き付けながら……

  「……○○さん(私)、運転の他に得意なこと、あるでしょう?」

  ええ、まあ……。

  やっぱり人間は不得意なコトがある方がいいですよ

A指導員
  仮免許検定に不合格した私が5月19日に補習を受けて以来、久々に再会(?)。
  教習の後、わりとムッツリ系のA指導員が原簿を書きながら……

  「どうですか、慣れてきましたか?」

  慣れたというか、これでも毎回少しずつは進歩していると思ってるんですが……。

  「そうね、もっとヒドイと思ってたんだけどねぇ (ニヤニヤ)」

……というわけで、指導員の先生方は、おそらく私を慰めようとしているのだと思います。
お気遣い、ありがとうございます。

でも、私が指導員だったら、すぐ上達してしまう手のかからない教習生より
「どうやって教えればいいんだ~?」と頭を抱えてしまうような教習生の方が
ぜったい楽しくて教え甲斐があると思います。
上手くなったときの成就感もデッカイですし。

K自動車学校の指導員の先生方もそうですよ……ね?

まあ、私はタダで教えてもらってるわけではないので、
自動車学校の売り上げにおおいに貢献しているのだと胸を張って、
来週もがんばるぞ~。
[PR]
by mrs_snape | 2005-06-04 21:34 | クルマ