MT車教習中 --- 自動車学校の経営に貢献中?
だんだん分かってきたのですが、
教習所に来ている女性の9割以上がAT車を習っていて、
たまにMT車の女性がいても、みんなうら若い女性ばかりで、
「きっとボーイフレンドがマニュアル車をブイブイ運転してるんだろうなぁ」
という感じの茶髪ネエちゃんだったりします。 ←偏見?

仮免許試験のときも、まわりはみ~んな若いおニイさんばかりで、
「あ~、結婚してすぐ子どもが生まれていたら、
このくらいの息子がいたのかも……」なんて、
いっきにお母さんモードに入ってしまったり……(笑)。

私は今さらマニュアル車に挑戦するオバサンとして、
案外貴重な存在なのではないかと思い始めました。

さて、今日は第2段階の実技(路上教習)を2時限受けてきました。

I 指導員
  普段はAT車の担当のようで、私は初めて担当していただきました。
  ギアチェンジが下手な私のために、わざわざ路肩にクルマを止めて
  シフトアップとダウンを特別練習させてくれました。
  その I 指導員、教習後、原簿に名にやら書き付けながら……

  「……○○さん(私)、運転の他に得意なこと、あるでしょう?」

  ええ、まあ……。

  やっぱり人間は不得意なコトがある方がいいですよ

A指導員
  仮免許検定に不合格した私が5月19日に補習を受けて以来、久々に再会(?)。
  教習の後、わりとムッツリ系のA指導員が原簿を書きながら……

  「どうですか、慣れてきましたか?」

  慣れたというか、これでも毎回少しずつは進歩していると思ってるんですが……。

  「そうね、もっとヒドイと思ってたんだけどねぇ (ニヤニヤ)」

……というわけで、指導員の先生方は、おそらく私を慰めようとしているのだと思います。
お気遣い、ありがとうございます。

でも、私が指導員だったら、すぐ上達してしまう手のかからない教習生より
「どうやって教えればいいんだ~?」と頭を抱えてしまうような教習生の方が
ぜったい楽しくて教え甲斐があると思います。
上手くなったときの成就感もデッカイですし。

K自動車学校の指導員の先生方もそうですよ……ね?

まあ、私はタダで教えてもらってるわけではないので、
自動車学校の売り上げにおおいに貢献しているのだと胸を張って、
来週もがんばるぞ~。
[PR]
# by mrs_snape | 2005-06-04 21:34 | クルマ
今年も 「あおむし生活」 スタート!
冬越しした42匹のサナギの大半が羽化してしまった今、
楽しみは、卵を産みに帰ってくる子たち。
今年は昨年からのアシタバを大きな鉢に植え替えて楽しみに待っていましたが……
ついてました、卵、卵、卵……!
キアゲちゃん、産みに来てたのね!

30匹以上巣立っていったわりに少ないけれど、
うれしいな~。 るんるん♪

わに蔵くんも近所のサンショウの木にナミアゲハの2齢幼虫を発見したそうだし、
いよいよ今年も あおむし生活 が始まります。

毎年のあおむし生活で、いろいろなコツが分かりました。
おとなしくて、おっとりしたナミアゲハの幼虫だけではなく、
最初は気味が悪いなぁ…と思っていたキアゲハの幼虫も
今では大好きになりました。

本当ならそれをHPでまとめてご紹介したいところですが、
忙しくてそのヒマがありません。
アゲハのえさやりのコツ、手乗りアゲハのコツなど、
全国の皆さんに教えてあげたいんですが……。

……というわけで、
もし「アゲハ」「キアゲハ」「幼虫」「飼育」などのキーワードでこのブログにたどり着いた方がいらっしゃったら、ぜひ一言残して下さいませ。
私に分かることなら、できるだけお答えいたしますので。

よし、今年もかわいいアゲちゃんたちと自然の不思議を堪能するぞ~。
[PR]
# by mrs_snape | 2005-05-10 17:37 | 鳥・虫・動物・植物
マニュアル車で行くぞ。
お母さんのマニュアル車

わに蔵くんのブログに書いてあったとおり、実技の1回目のシミュレーター教習で、
指導員に 「どうしてマニュアル車なんですか? お宅のクルマがマニュアル車だから?」
と、けっこうマジで問い詰められました。 だから、

「『ワイルド・スピード』みたいなクルマで、ブイブイとかっ飛ばしたいからです」

って答えてやろうかと思いましたよん。

確かに、一緒にシミュレーター教習を受けていた残りの3人は、若いおニイさんでしたし、
私はハンドブレーキを引くのか、押すのかも分からなくて、もたもたしました。
だから、指導員が 「このおばさん、大丈夫かなぁ」 と思ったのもムリもないんですが。

でも、せっかく教習所に行くんだから、いろいろなクルマに乗れるようになりたいし、
オートマチックだけなんて中途半端じゃなくて、しっかりとやってみたいんだよぉ~!

……というわけで、昨日と今日の2日間、2時間ずつ乗ってきました。
まだ時速20キロほどで教習所の中をグルグルと回るだけだけど、
右回りなら、ずいぶんそれらしくなってきました。
今日は左回りしてみたら、これがけっこうムズカシーので、大苦戦。
また、発進とストップの練習に逆戻りさせられたり、
エンストも数限りなく……。
でも、昨日も担当してくれた、おじいちゃんの指導員に
「……でも、まあ、昨日よりはずっといいから」
なんて、褒めて (慰めて?) もらいました。

いいんだ。 50時間オーバーしたって、とにかく上手くなってやるんだから。
かっ飛ばしてるのに同乗者が気持ちよ~く眠っちゃうような、ドライバーになるぞぉ!



……なんちゃって、本当は、飛ばす気はアリマセン。
上手いドライバーは、誰よりも安全運転
乞うご期待。
[PR]
# by mrs_snape | 2005-04-19 20:34 | クルマ
逆マーケティングなら、おまかせ!
ずぅ~っと以前から、よくあるコトです。

私が気に入って使い始めるモノは、なぜかすぐになくなるのです。

シャンプー、クッパの素、チーズ、ふりかけ、ソーセージ、コショウ、小麦粉……

「こりゃ、いいわ」、「コレ、おいし~」、「これ、便利」なんて思っていると、
その後ほどなくして、その製品がスーパーの棚からなくなります。
いつも利用しているスーパーがその製品を扱わなくなったのかと
別のスーパーに行っても、やっぱりなかったりして。

たいていは、ふと気づくと棚から消えているのですが、
ときどき 「製品入れ替えのため大幅値下げ!」なんて、赤い札がついているのをみつけると、
棚にあるだけ、全部買い込んだりします。

今日もそうやって、ふりかけを10袋買いました。
賞味期限が今年の10月だから、ぜったいそれまでに食べちゃいますもの!

それにしても、どうして私が気に入るモノは、短命なんでしょうか。
私が気に入る製品は、他の消費者にはウケないんでしょうか。
どうやら、そのようです。

メーカーのマーケティング担当者のみなさま、
ぜひ私を市場調査に使って下さい。
私が 「これ、いいわ~!」 と言って絶賛した商品は、
きっと一般消費者にはウケません。
確度の高い 「逆マーケティング」 になると思います。
[PR]
# by mrs_snape | 2005-04-12 15:19 | その他もろもろ
拒むジェームズ・コバーン
あまりにアホらしいので、
これまで誰にも話さなかったのですが、
実は、「拒む」というコトバを聞くたびに
ジェームズ・コバーンを思い出してしまうのです。
ホントです。
[PR]
# by mrs_snape | 2004-11-26 00:25 | 映画・テレビ
とりあえず、アサガオって呼んでるけど…
a0028857_1363480.jpg
夏、ゼラニウムの鉢にアサガオのような双葉が出ているのに気づいて、
そのままにしておいたら、
アサガオのようにつるが伸びて、
アサガオを小さくしたような花が咲きました。
濃い紫がとてもきれいでした。

そのまま秋になって、葉が枯れてきたので、
10月半ば、次男に種を取ってもらいました。

その後、なんとなく放っておいたら、
なんと、最近になってまた新しいつるから
つぼみが出てきて、毎日1つ、2つ、花が咲くようになりました。
もう11月も半ばで、今日は冷たい雨が降っているのに、今日も2つ咲きました。

この花、なんという名前でしょうか。
植えたわけではないのに、自然に生えてきたから
不思議で愛しいです。

花は、小さなアサガオという感じです。
花の直径は約5センチ。
種のでき方もアサガオです。
ただ、葉の形がハート型。
これだけがアサガオと違いでしょうか。

まだつぼみがいくつか残っています。
最後まで咲いてくれるといいけれど。

名前を知らないまま、
来年は今年の種を植えてみようと思います。
[PR]
# by mrs_snape | 2004-11-15 13:16 | 鳥・虫・動物・植物
さなぎ42匹、無事に冬を越しますように。
秋になってどんどん生まれてしまったキアゲハの幼虫たち、
寒くなっても自然のままに外で買おうとしていたのですが、
10月下旬のとても寒い朝、
動けなくなっている子たちを見て、
さすがにかわいそうになってしまい、
以来、飼育箱に入れて室内で飼っていました。
室内でとはいっても、できるだけ暗くして飼って、
越冬サナギになるように、気をつけましたけれど。

そして、今日、最後の幼虫がサナギになりました。
この秋にサナギになった子を数えたら、全部で42匹。
このうち、何匹かはナミアゲハとクロアゲハですが、
ほとんどはキアゲハです。

今年は思いもよらずキアゲハの一年になってしまい、
新しいことをたくさん知りました。
不気味だと思っていた模様も、ぜんぜん平気になってしまいましたし。
来年は羽化したキアゲハが大挙して我が家に帰ってきても大丈夫なように
たくさんアシタバとパセリを植えて待っているつもりです。

あおむしなんか飼って……なんて思う人は多いでしょうけれど、
今年はアゲちゃんたちにとても慰められました。
おとなしくて、もったりしたアゲちゃんたちは、本当になごみ系。
飼育箱やアシタバの上をのぞくのが、とても楽しみでした。
冬の間はとっても寂しくなるけれど、
きれいなチョウチョになる4月まで
楽しみに待つことにしましょう。

アゲちゃんたち、頑張ってね。
暖かくなったら、きれいなチョウチョになってね!
[PR]
# by mrs_snape | 2004-11-11 20:53 | 鳥・虫・動物・植物
こういうところが無神経だなぁ、米国って。
病状が悪化していると伝えられているアラファト議長。
先日は死亡説が世界を駆け巡って、
記者会見中のブッシュ大統領にも記者から伝えられたらしい。
そこでブッシュさんのひとこと。

"God console his soul."
「神が彼の魂を慰めてくれますよう」

日本語字幕は 「ご冥福をお祈りします」 だった。
「冥福」なら多少仏教的だけれど、
「死後の幸せ」だから、宗教は問わないと思う。
でも、ブッシュさんは明らかに 「神さま」 と言っていた。
何も考えずに、悪気もなく言ったのだと思う。
でも、この 「神さま」 って、どこの神さまのこと?
アラファトさんはキリスト教徒でしたっけ?
キリスト教徒ではなかったら、
「あんたの神さまに慰めてもらいたくなんかないぞ」
なんて思ったかも。
アラファトさんの病状を心配する熱心なイスラム教徒は、
腹を立てたかも。

そういえば、フセイン元大統領が逮捕されたときも
アメリカの報道官はこんなふうに言ったっけ。

"We got him."

確かに 「彼をゲットしました」 に間違いないのだけれど、
にっこり笑って 「ウィ・ガレム」 みたいに、軽~く言うようなコトかしら。
どんな極悪人だったとしても、
仮にも一国の大統領だった人物なんだから、
それなりの言い方があっても良いはず。
イラクの国民にも失礼だと思うけど。

その他にも、フセイン大統領の大きな像を倒して、
それを星条旗で覆ってしまったり、
無神経すぎるな。
そうやって、無数の小さな無神経を重ねたせいで、
こんなに嫌われるようになったってこと、
きっと少しも気づいていないんだろうな。
[PR]
# by mrs_snape | 2004-11-08 14:00 | その他もろもろ
ピーマンにいたから、「ピーマン虫」
先週水曜日に生協で買った赤ピーマン、
スパッと切ったら、中ににょろっと小さな虫が。
切る場所が少しでもずれたら、アウトだったのに、
運のいいヤツ。

どこから入ってきたのかとピーマンの表面を調べたけれど、
どこにも穴らしきものはなく、
わに蔵くんの言うように、「お母さんがちくっと刺して卵を産んだ」んだろうね。

それにしても、以前の私なら、中に虫がいたらパニックしただろうけれど、
さいきんめっきり大丈夫になってきて、
特に、キアゲハに市販のミツバをやって死なせてしまってから(8月23日のブログ参照)、
虫がいるくらいの野菜がなんとなく安心になっちゃった。

……というわけで、赤ピーマンにいた「ピーマン虫」は、
小さな飼育箱の中でピーマンを食べて暮らしています。
姿形からすると、ジミ~なベージュの小さなガになりそうです。
今年の夏、レタスにいた「レタス虫」もそうでしたから。
[PR]
# by mrs_snape | 2004-11-02 15:21 | 鳥・虫・動物・植物
全国レベルより高いからいいの? ----  英語教師の英語力
横浜市教育委員会の情報紙「教育よこはま (No.37)」に載っていた統計から -----

  英語教育の状況

  (1)英語の外部試験による英語教員の英語力

  横浜市 --- 英語教員数 520 人
     受験経験あり   53%
     受験経験なし   47%

  ・ 英検 準1級以上     17%
  ・ TOEFL 550点以上   7%
  ・ TOEIC 730点以上   13%



これ、けっこうショックでした。

まず、英語の先生をやっているのに、
英語の試験を受けて実力を試してみたことがない人が半分ちかくいること。
少なくとも「英語」を仕事にしているのだし、
生徒の中にも受ける子は多いのだから、自分でも試しに受けてみようと思わないのかしら。
「本当の実力」がテストで分かるとは思えないけれど、
それなりに力試しになるはずだけれど。
------ それとも、受けるのが怖いのかな。
あるいは、受けたけれど「受けた」と言えないほど恥ずかしい成績だったのかな。

さらに、果敢にも(?)受験した人の中で、
例えば英検でいえば、準1級以上の先生が5人に1人もいないこと。
つまり、80%以上の先生が「受けてみたけれど、2級止まり」だったということ。
英検2級といえば、一応、高校卒業レベルですよ。
大学の英文科や英語科を卒業していなくても、
そこそこ英語が必要な生活をしていれば、いつの間にか到達するレベルだと思いますが。

もちろん、英語力と英語「指導」力は違うけれど、
いくら指導が上手くても、いくら人柄がちゃんとしていても、
生徒としては、ちょっと不幸かもしれない。
そういう先生にはあまり習いたくないなぁ。

最後に、「教育よこはま」では、この統計について、こんな分析をしています。

  「横浜市の英語教員の英語力は、一般的な外部試験を基準にすると、全国平均より高めであることが分かります。」

下には下がいるから、まぁ、いいんじゃん……というコトですか。
[PR]
# by mrs_snape | 2004-10-22 15:00