タグ:思うこと ( 14 ) タグの人気記事
数学の壁 ~ 科学者に憧れたけど…
小学生の頃、将来なりたかったもののひとつに、
「科学者」があります。
当時、SF小説(子ども向け)が大好きだったので、
登場するカッコいい科学者たちに心酔したからでした。

実際、小学1年生から学研の「○年の科学」は欠かさずとっていて、
ガラスの試験管セットやら、プラネタリウム機などに、
胸を躍らしていました。
「○年生のなぜだろう、なぜかしら」なども愛読書でした。
今でも、動植物や昆虫の観察は大好きです。

だから、科学者になりたかったんです。

でも、そんな私に数学という大きな壁が……。
それでも、「国立文系型」の勉強をしていたので、数学は数Ⅱまでやりました。
グラフと式の関係がどうもピンと来ないまま、
公式を覚え、ワケも分からぬままたくさんの練習問題をこなし、
微分・積分、数列……ときて、ついに対数でギブアップ。

だって、どうしてこういうモノが必要なのか、ぜんぜん分からなかったんです!

確かに、天文少女だった小学高学年の頃、
「1等星は2等星の2倍明るいのではないらしい」ということは、
本で知っていましたが、
それがこの対数に関係があると高校で分かったのに、
どうしてそんなコトが必要なのか、どうしてそんな考えをするのか、
どうしても、しっくりと理解ができませんでした。

その一方で、化学や物理でもワケの分からない計算が……!

というわけで、私の科学者への道は途切れてしまったのでした。

今でも、テレビで白衣を着て何かを研究している人々を見ると、
「カッコいいな~」なんて、子どものように憧れます。
生物や化学などを研究して、世の中の役に立つ発明をしたり、
宇宙ステーションで働きたいなぁ…なんて。


数学がもう少しできたらな~。
というか、もっと時間があったらな~。
世界史の暗記もたくさんあったしな~。

数学は苦手で嫌いなはずなのに、
なんだかひかれるモノがあって、
大学の一般教養でロバチェフスキーの非ユークリッド幾何学の授業をとってみました。
ますますワケがわからなくなってしまいました(笑)。
[PR]
by mrs_snape | 2007-04-13 14:16 | その他もろもろ
嘘は罪
……なんていうと、歌のタイトルみたいだけど。
"It's A Sin To Tell A Lie" ね。

息子が嘘をつきます。
タバコなんてもう吸ってないといいながら、常習しているようです。

「そのくらい、かわいいものよ」

なんて言われちゃうの、分かってます。
実際、私もどこかでそう思ってますから。

でも、「もうぜんぜん吸ってないから」なんて、
まじめな顔で堂々と嘘をつく、
これが何ともイヤ~な感じです。

なんだかとってもモヤモヤしているので、
この何ともいえない気分をちょいと整理してみましょうか。
(セルフ・カウンセリング?)

私がイヤな気分なのは……

(1) もう吸っていないと言って、平然と嘘をつくこと

     「平然と」というのが、激しく嘆かわしい。
     ちゃんとした人なら、嘘をつくって、とってもエネルギーがいることなのに!
     何度没収されても、タバコとライター、またコソコソと買ってきます。
     帰宅してから喫茶店に出かけるのも、タバコを吸いに行くのでしょう。
     「おいしいコーヒーを飲みたいから」なんて、でまかせなんだろうなぁ。

(2) 我が家はお小遣いが少なめなので、足りなそうなとき、
    頼まれもしないのに追加であげていたこと。


     そういうおカネがタバコ代になってたってわけ。
     馬鹿な母親はまんまとだまされてました。
     自分が激しく情けない。
     もう追加のお小遣いはあげません。
     タバコの値上げ、大賛成です。
     1箱1000円くらいにして、しっかり税金を取って下さい。

(3) 若い頃からタバコを吸うと、健康にとても悪いこと。

     これは、常識。
     多くの大人がやめるのにとても苦労しているのも、分かっているのに。
     アレルギーの人には、服に付いたタバコの粒子もツライことがある。
     弟は喘息だよ。
     それに、パイロットを目指しているのなら、何よりも健康管理が大切なはず。
     今から、コレじゃ、無理かもね。

     歯の裏がヤニだらけだったら、モテないだろうに。

(4) 息子の言動を信じられなくなったこと。

     これが一番悲しい。
     酒とタバコとその他もろもろで、これだけ我が家に波風を起こして、
     担任の先生にまで心配と迷惑をかけてしまった息子。
     信じて、支えてあげなきゃいけないのは、分かっているけれど。
     家族で話し合ったり、カウンセリングに行かせたり、
     できることはしようと思って、いろいろやっているつもり。

     我が家にはその他にも、悩ましいことがいろいろあるだから、
     これ以上、困らせないでおくれよ。
     昨日も、何食わぬ顔で出かけていく息子を見送りながら、
     タバコを吸いに行くんだろうな~なんて思ってた。
     こういうのが、一番イヤな気分。
    
     信じたいけれど、信じられなくなってる。
     そして息子も、平気で母を裏切ってる。
     些細なことだけど、些細なことだから、心に刺さったトゲみたい。
     そして、小学生の弟は、そんな雰囲気を感じて、
     大好きな兄、キレやすくなった兄を疑いながら、
     鬱々とした別の感情を溜め込んでいる。

……という感じかな。


なんて、アホらしい悩みだ。
バカ息子め。
嘘つきはキライだぞ。
早く本当の大人、ちゃんとした人になって、独立してくれぃ。

ああ、疲れた。

ベランダに来る、かわいい小鳥たちにエサでもやってこよう。
[PR]
by mrs_snape | 2007-02-02 12:13 | その他もろもろ
指来たす & バイオ耳繰り
最近、よく聞くようになったコトバに
    ユビキタス
というのがありますが、初めてコレを聞いたときには、
    「指来たす」 とか 「精神に異常を来たす」
なんて、ぜんぜん関係のない連想をしました。

本当のつづりは、ubiquitous だから、発音に近いカタカナ表記は
    ユビクィタス あるいは ユビークィタス
でしょうか。いずれにせよ、とても居心地の悪い単語であります。

-------------------------------------------

そんなことを思っていたら、先ほど新聞でこんな単語を見つけました。
    バイオミミクリ
私は「バイオ耳繰り」かと思いましたが、
「生物に学び、模倣する技術」だという説明を読んで、やっと
    bio-mimicry
だということが分かりました。 従来でしたら、この単語のカタカナ表記は
    バイオミミックリー
となるところですが、最近の表記は「ッ」や「ー」を極力省くのがはやりのようで、
「バイオ耳繰り」となったのでしょう。

確かに、「ッ」や「ー」を省く方が、省スペースなのでしょうが、
あまり省くと、未知の無意味な日本語のように聞こえてしまい、
違和感があるだけでなく、妙にこっけいな響きになります。

英語を学び、日本語を愛する私としては、「何とかしてくれ~」と叫びたいです。
[PR]
by mrs_snape | 2005-07-15 16:48 | その他もろもろ
逆マーケティングなら、おまかせ!
ずぅ~っと以前から、よくあるコトです。

私が気に入って使い始めるモノは、なぜかすぐになくなるのです。

シャンプー、クッパの素、チーズ、ふりかけ、ソーセージ、コショウ、小麦粉……

「こりゃ、いいわ」、「コレ、おいし~」、「これ、便利」なんて思っていると、
その後ほどなくして、その製品がスーパーの棚からなくなります。
いつも利用しているスーパーがその製品を扱わなくなったのかと
別のスーパーに行っても、やっぱりなかったりして。

たいていは、ふと気づくと棚から消えているのですが、
ときどき 「製品入れ替えのため大幅値下げ!」なんて、赤い札がついているのをみつけると、
棚にあるだけ、全部買い込んだりします。

今日もそうやって、ふりかけを10袋買いました。
賞味期限が今年の10月だから、ぜったいそれまでに食べちゃいますもの!

それにしても、どうして私が気に入るモノは、短命なんでしょうか。
私が気に入る製品は、他の消費者にはウケないんでしょうか。
どうやら、そのようです。

メーカーのマーケティング担当者のみなさま、
ぜひ私を市場調査に使って下さい。
私が 「これ、いいわ~!」 と言って絶賛した商品は、
きっと一般消費者にはウケません。
確度の高い 「逆マーケティング」 になると思います。
[PR]
by mrs_snape | 2005-04-12 15:19 | その他もろもろ
こういうところが無神経だなぁ、米国って。
病状が悪化していると伝えられているアラファト議長。
先日は死亡説が世界を駆け巡って、
記者会見中のブッシュ大統領にも記者から伝えられたらしい。
そこでブッシュさんのひとこと。

"God console his soul."
「神が彼の魂を慰めてくれますよう」

日本語字幕は 「ご冥福をお祈りします」 だった。
「冥福」なら多少仏教的だけれど、
「死後の幸せ」だから、宗教は問わないと思う。
でも、ブッシュさんは明らかに 「神さま」 と言っていた。
何も考えずに、悪気もなく言ったのだと思う。
でも、この 「神さま」 って、どこの神さまのこと?
アラファトさんはキリスト教徒でしたっけ?
キリスト教徒ではなかったら、
「あんたの神さまに慰めてもらいたくなんかないぞ」
なんて思ったかも。
アラファトさんの病状を心配する熱心なイスラム教徒は、
腹を立てたかも。

そういえば、フセイン元大統領が逮捕されたときも
アメリカの報道官はこんなふうに言ったっけ。

"We got him."

確かに 「彼をゲットしました」 に間違いないのだけれど、
にっこり笑って 「ウィ・ガレム」 みたいに、軽~く言うようなコトかしら。
どんな極悪人だったとしても、
仮にも一国の大統領だった人物なんだから、
それなりの言い方があっても良いはず。
イラクの国民にも失礼だと思うけど。

その他にも、フセイン大統領の大きな像を倒して、
それを星条旗で覆ってしまったり、
無神経すぎるな。
そうやって、無数の小さな無神経を重ねたせいで、
こんなに嫌われるようになったってこと、
きっと少しも気づいていないんだろうな。
[PR]
by mrs_snape | 2004-11-08 14:00 | その他もろもろ
全国レベルより高いからいいの? ----  英語教師の英語力
横浜市教育委員会の情報紙「教育よこはま (No.37)」に載っていた統計から -----

  英語教育の状況

  (1)英語の外部試験による英語教員の英語力

  横浜市 --- 英語教員数 520 人
     受験経験あり   53%
     受験経験なし   47%

  ・ 英検 準1級以上     17%
  ・ TOEFL 550点以上   7%
  ・ TOEIC 730点以上   13%



これ、けっこうショックでした。

まず、英語の先生をやっているのに、
英語の試験を受けて実力を試してみたことがない人が半分ちかくいること。
少なくとも「英語」を仕事にしているのだし、
生徒の中にも受ける子は多いのだから、自分でも試しに受けてみようと思わないのかしら。
「本当の実力」がテストで分かるとは思えないけれど、
それなりに力試しになるはずだけれど。
------ それとも、受けるのが怖いのかな。
あるいは、受けたけれど「受けた」と言えないほど恥ずかしい成績だったのかな。

さらに、果敢にも(?)受験した人の中で、
例えば英検でいえば、準1級以上の先生が5人に1人もいないこと。
つまり、80%以上の先生が「受けてみたけれど、2級止まり」だったということ。
英検2級といえば、一応、高校卒業レベルですよ。
大学の英文科や英語科を卒業していなくても、
そこそこ英語が必要な生活をしていれば、いつの間にか到達するレベルだと思いますが。

もちろん、英語力と英語「指導」力は違うけれど、
いくら指導が上手くても、いくら人柄がちゃんとしていても、
生徒としては、ちょっと不幸かもしれない。
そういう先生にはあまり習いたくないなぁ。

最後に、「教育よこはま」では、この統計について、こんな分析をしています。

  「横浜市の英語教員の英語力は、一般的な外部試験を基準にすると、全国平均より高めであることが分かります。」

下には下がいるから、まぁ、いいんじゃん……というコトですか。
[PR]
by mrs_snape | 2004-10-22 15:00
「プラ」 に驚く……
遅ればせながら、今日から横浜市全域で、
プラスティック・ゴミの分別収集が始まります。
それで、昨日から、「プラ」と表示してあるモノを別の袋に分けてみました。
そうしたら……ナント、1日でスーパーの大き目のレジ袋の半分くらいの量があったんです!

我が家では以前からゴミの分別には協力していて、
ペットボトル、缶、アルミ缶、電池は分けてましたし、
新聞紙は自治会の資源回収に、食品トレーは近所のスーパーに、
牛乳パックは生協に……と、わりときちんとリサイクルに協力していました。

でも、改めて、「プラ」の量を目で確認してみると、こりゃ、すごいぞ。
こういうものを今まで全部燃やしてたわけね。
よし、せっせと協力するか。
ちょっと面倒くさくなるけれど、今まで横浜市民は楽をしすぎてたんだから、
まあ、これでやっと世間一般並みだものね。

でも、我が家はともかく、
これまでどっぷりと「なんでもまとめてポイ捨て」に慣れていた横浜市民が
どれだけ協力できるのか、ちょっと心配だけれども……。
[PR]
by mrs_snape | 2004-10-01 08:30 | その他もろもろ
虫のクチコミ?
我が家から巣立っていったナミアゲハもクロアゲハもキアゲハも、
なんだかうちを覚えているかのように
ヒラヒラ舞い戻ってきたりする。
ただ飛んでいるだけでなく、ちゃっかりまた産卵しちゃったり……。

「エサをたくさん食べさせてくれてありがとう。
今度は、私の子どもたちをよろしくね~!」

そんな声が聞こえるような気がするな。

我が家には、そのほかにも、クモもたくさん住んでる。
クモがいても、基本的にそのままにしておくからだな。
何年か前には、ピアノの横でクモが孵化して、
文字通り「クモの子を散らす」状態になって、驚いたけれど。
数ミリの小さい子から、脚を伸ばすと手のひらくらいの巨大な輩まで。
さすがに、巨大なクモさんは虫取り網で捕獲した後、
外に出てもらいましたが……。

そういえば、昨日はベランダにはカマキリが来ていたな。
この春、ベランダで生まれたたくさんの子カマキリの中の1匹かもね。
この夏ブルーベリーの苗に住み着いていた巨大なシャクトリ虫は、
6月から8月中旬まで、巨大なままずぅ~っと居座っていたっけ。
植木鉢置き台のクギ穴には、大きなハチが何度ももぐりこんでは何かをしていたし。
最近は、イチモンジセセリがサフィニアの花の常連さん。
毎年、ベランダのどこかの鉢でカネタタキが繁殖しているようだし……。

こんなふうに、虫がなんとなく我が家にやってくる。
近所の虫の世界では、なんとなく我が家のことが知れているのかもね、なんて
息子たちと話してます。

「ねぇねぇ、○○さんち、知ってる?」
「うん、あそこのうちって、僕たちに殺虫剤かけたりしないんでしょ」
「そうなんだ。 『あら、困るわ~』 なんて言うだけで、あんまり嫌そうじゃないよね」
「レタスについてた虫も成虫になるまで飼ってたよ」
「へえ、珍しい人間だね~。 明日あたり、ちょっとのぞいてこようかな」
「うん、行っておいでよ。 ベランダの戸がいつでも半開きだからさ」
[PR]
by mrs_snape | 2004-09-24 22:22 | 鳥・虫・動物・植物
ハリポタ5冊目、早く読みたいのだけれど……
実は、ハリー・ポッターの最新刊 "The Order of The Phoenix"、発売とほぼ同時に英国版を買ったのだけど、まだ10ページほどしか読めてないのでした。

理由は……
(1) 厚すぎて、どこにどうやって置いて読んだらいいのか分からない
(2) 最近細かい字が苦手になった

(1)については……
私の場合、机の上に辞書(2種類以上)を並べた上でネチネチと辞書を引いては調べた単語を赤ペンで書き込みつつ、欄外にページごとの要約を書き込んだりしながら読むので、書き込むときの「本の置き場」と「手の置き場」がかなり重要だったりするんです。日ごろほとんど本を読まないので、読むときには人一倍深ぁ~く読もうとしてしまう、妙なクセがあるものですから。

少しでも読みやすくしようと、本をカッターナイフで分解してみたりしたのですが、根本的な解決にはなりませんでした。

(2)については……
これはもう、弁解しません。老眼です。老眼を恥ずかしがっても仕方がないので、このさい、いかにも老眼鏡って風情の、小さめのメガネを作っちゃおうかな。マクゴナガル先生みたいなのがいいかも。

それにしても、4作目『炎のゴブレット』をネチネチと読破するのに、3ヶ月もかかったのだから、今回は何ヶ月かかることやら。

スネイプ先生の活躍を早く読みたいのだけど。

そういえば、スネイプ先生、活躍していらっしゃるんでしょうかね。誰か重要なキャラクターが死ぬなんて噂を聞いたものですから……。読み終わるまで、ハリポタ関連のサイトには近寄らないようにしているんですが。
[PR]
by mrs_snape | 2004-06-25 21:55 | その他もろもろ
超寒いぞ! 通販番組の芸能人
通販の番組というのがありますが、あれ、ヘンです。
CMの分量は、番組の長さとの関係で制限があるはずですので、あれは番組自体が明らかなCMなんですもの。

まあ、そのへんは、きっと法律の抜け道があるのでしょうから、ここでは云々しないことにします。

でもねぇ、ゲストの芸能人、何とかならないでしょうかね。

いつも感心してしまうのは、その人選。
有名芸能人には違いないのだけど、
「この人、最近見ないと思ってたら、まだいるんだ~」とか
「そうそう、こんな人いたっけ。15年ぶりじゃない?」とか
妙な感慨に浸らせてくれるんだな。

そして、あのぎこちなくも情けない驚きの表情と賞賛のコトバ。
そらぞらしい躁状態。

チャンネルをパチパチと変えていてた私の目に偶然飛び込んできただけの、
ほんの10秒ほどの通販番組。
たったそれだけで、どうして私はこんなに暗く落ち込んでしまうんだろう。

「ああ、この人、もうこんなアホらしい仕事しか回ってこないのか…」

いたたまれなくなった私は、すぐにチャンネルを変えてしまう。
美しく歳をとった人は出ない、通販番組。
「この人、こんなに演技が下手だったのね」
チャンネルを回したあとも、しばらく寒かったり。

でも、まぁ、視点を変えてみれば、通販番組にでも出られるだけの「有名芸能人」は、まだ良い方なのかも。過去の栄光だけで、アホらしくとも、仕事があるんだから…ね。
[PR]
by mrs_snape | 2004-06-23 22:20 | 映画・テレビ