タグ:言葉 ( 3 ) タグの人気記事
指来たす & バイオ耳繰り
最近、よく聞くようになったコトバに
    ユビキタス
というのがありますが、初めてコレを聞いたときには、
    「指来たす」 とか 「精神に異常を来たす」
なんて、ぜんぜん関係のない連想をしました。

本当のつづりは、ubiquitous だから、発音に近いカタカナ表記は
    ユビクィタス あるいは ユビークィタス
でしょうか。いずれにせよ、とても居心地の悪い単語であります。

-------------------------------------------

そんなことを思っていたら、先ほど新聞でこんな単語を見つけました。
    バイオミミクリ
私は「バイオ耳繰り」かと思いましたが、
「生物に学び、模倣する技術」だという説明を読んで、やっと
    bio-mimicry
だということが分かりました。 従来でしたら、この単語のカタカナ表記は
    バイオミミックリー
となるところですが、最近の表記は「ッ」や「ー」を極力省くのがはやりのようで、
「バイオ耳繰り」となったのでしょう。

確かに、「ッ」や「ー」を省く方が、省スペースなのでしょうが、
あまり省くと、未知の無意味な日本語のように聞こえてしまい、
違和感があるだけでなく、妙にこっけいな響きになります。

英語を学び、日本語を愛する私としては、「何とかしてくれ~」と叫びたいです。
[PR]
by mrs_snape | 2005-07-15 16:48 | その他もろもろ
拒むジェームズ・コバーン
あまりにアホらしいので、
これまで誰にも話さなかったのですが、
実は、「拒む」というコトバを聞くたびに
ジェームズ・コバーンを思い出してしまうのです。
ホントです。
[PR]
by mrs_snape | 2004-11-26 00:25 | 映画・テレビ
こういうところが無神経だなぁ、米国って。
病状が悪化していると伝えられているアラファト議長。
先日は死亡説が世界を駆け巡って、
記者会見中のブッシュ大統領にも記者から伝えられたらしい。
そこでブッシュさんのひとこと。

"God console his soul."
「神が彼の魂を慰めてくれますよう」

日本語字幕は 「ご冥福をお祈りします」 だった。
「冥福」なら多少仏教的だけれど、
「死後の幸せ」だから、宗教は問わないと思う。
でも、ブッシュさんは明らかに 「神さま」 と言っていた。
何も考えずに、悪気もなく言ったのだと思う。
でも、この 「神さま」 って、どこの神さまのこと?
アラファトさんはキリスト教徒でしたっけ?
キリスト教徒ではなかったら、
「あんたの神さまに慰めてもらいたくなんかないぞ」
なんて思ったかも。
アラファトさんの病状を心配する熱心なイスラム教徒は、
腹を立てたかも。

そういえば、フセイン元大統領が逮捕されたときも
アメリカの報道官はこんなふうに言ったっけ。

"We got him."

確かに 「彼をゲットしました」 に間違いないのだけれど、
にっこり笑って 「ウィ・ガレム」 みたいに、軽~く言うようなコトかしら。
どんな極悪人だったとしても、
仮にも一国の大統領だった人物なんだから、
それなりの言い方があっても良いはず。
イラクの国民にも失礼だと思うけど。

その他にも、フセイン大統領の大きな像を倒して、
それを星条旗で覆ってしまったり、
無神経すぎるな。
そうやって、無数の小さな無神経を重ねたせいで、
こんなに嫌われるようになったってこと、
きっと少しも気づいていないんだろうな。
[PR]
by mrs_snape | 2004-11-08 14:00 | その他もろもろ